ARELE掲載論文に見る英語教育研究の現在—テーマと研究法—


 

2013年08月11日(日)全国英語教育学会第39回北海道研究大会でのワークショップ
『英語教育実践と研究の接点―研究の在り方と手法―』での私の担当箇所である,
「ARELE掲載論文に見る英語教育研究の現在—テーマと研究法—」のスライド,
参考文献・資料などのリンクをこちらでは公開しています。

共同発表者の浦野研先生のブログに,Ustreamの動画(録画・いつでも再生可能)と
浦野先生の担当パートのスライドもアップされています。
また,WS中・WS後の関連したTweetもこちらのTogetterにまとめています。
ご興味のある方は併せてご確認下さい。

 

私の担当パートの前半は全国英語教育学会の紀要である,Annual Review of English
Language Education in Japan の1~24号までの掲載論文を分析した結果です。

後半はそれに関連して,効果量と検定力分析,そして信頼区間報告の重要性に
ついてまとめ,ARELE掲載論文の一部を用いてメタ分析,検定力分析を行った
結果を報告しています。

スライド(slideshareからダウンロード可能)

 

参考文献・資料などのリンク(スライド出現順)

参考にした資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.