Larson-Hall (2010) の R 版


 

Larson-Hall, J. (2010). A guide to doing statistics in second language research using SPSS. New York: Routledge.

この本の冒頭で,著者は「本当は R の本が書きたかったけど,出版社にそれでは売れないから,SPSS の本にしてくれ」と言われたと書いています。

その無念(?)を晴らすためかどうかはわかりませんが,この SPSS 本のコンパニオンサイトには,無料でこのような資料があります。

A Guide to Doing Statistics in Second Language Research Using R

この資料は,SPSS本での分析に加えて,特に作図の際の R のコードが丁寧に説明されていたり,robust statistics の説明も詳しいため(外れ値を多く含む値を扱う研究では,参考にしてみてもよるとよいかもしれません),とても参考になります。

ちなみに,この資料では,mixed-effects models について,次のように書いていました。

“There is then ample reason to consider the use of mixed-effects models above a traditional RM ANOVA analysis for repeated-measures data. … I do recommend that readers take a look at other treatments of mixed-effects models, including the very clear Crawley (2007), and also Baayen (2008), which contains examples from psycholinguistics, especially work with reaction times and decision latencies” (p. 255).

Baayen, R. H. (2008). Analyzing linguistic data: A practical introduction to statistics using R. Cambridge: Cambridge University Press.
Crawley, M. J. (2007). The R book. New York: Wiley.

こういう優れた資料をオンラインで無料で入手できるのは,R を使う大きな利点だと思います。

 

One thought on “Larson-Hall (2010) の R 版

  1. Pingback: Mizumoto Lablog | Rのはじめかた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.