Rのはじめかた


 

量的な研究のお話をするときには,いつも再現性の確保のために,フリーでオープンソースの統計解析環境 R をお薦めしています。しかし,「Rは使ってみたいけど,どうやって始めればよいかわからない」というご意見をよく耳にします。

「Rなんてマニアックそうなのは自分には使えない。」というのが,まったく使ったことのない人が持つ印象かもしれません(私も10年ぐらい前まではそう思っていました)が,こちらの冒頭に書いてあるように,Rは現在,計算統計学におけるリンガ・フランカ(国際共通語)と考えられているため,量的な研究を行う研究者は使っておいて損はないと言えるでしょう。

Since its publication by Ihaka and Gentleman (1996), R (R Development Core Team 2012) has become a successful language for statistical computing and graphics. Today, it is often regarded as the lingua franca of computational statistics.

そこで,今回はRを触ったことがない人が,まず第一歩を踏み出すための資料をいくつか紹介したいと思います。

フリーでオープンソースであることもあり,R に関するわかりやすい資料はどんどんウェブで新しく出てきますが,2014年2月の段階で個人的にお薦めしたいオンライン上の資料は以下です。

 

書籍では,『Rによるやさしい統計学』(山田 剛史,杉澤 武俊,村井 潤一郎 / オーム社)が抜群にわかりやすいです。(Kindle版もあり)


外国語教育研究に興味がある研究者の方は,とりあえず R をインストールしてから,『外国語教育研究ハンドブック』のコンパニオン・ウェブサイトにRのコードがありますので,書籍を読み進めながらRを実行してみると,理解が深まると思います。

また,過去にこのブログでも紹介したのですが,Larson-Hall (2010) の R 版 は書籍自体がフリーでオンラインにあります。こちらは SLA 研究の実例データが多く含まれているので,SLA 研究者にはとても参考になると思います。

その他にも,心理学のほうでは,”Discovering Statistics Using SPSS” (最新版はIBMと入っているところに大人の事情がありそうだけどとてもわかりやすい本)の R 版 “Discovering Statistics Using R” もあります。

R自体は,SPSSのようにGUI (Graphical User Interface) があるわけではなく,コマンド入力をしなければならないというところが,その普及の大きな障害となっていますが,R Commander (Win/Mac)MacR (Macのみ) を使えば,GUIベースの統計解析ソフトのように直感的に分析を実行することも可能です。

実際,「道具は何でも構わない」というのが私のスタンスです。しかし,「再現性」ということを考えた場合には,どうしてもRが他の統計解析ソフトよりも上位に来ます。SPSSを使う場合も,再現性を重視する研究者の方はシンタックスをできるだけ用いるように心がければよいかと思います。

 

 

4 thoughts on “Rのはじめかた

  1. 論文に載せたグラフのRのコードとデータを資料としてweb上に公開するような習慣が確立されると,第3者が追試しやすくなり,科学的な研究が広がると思います.

  2. 自分もRの愛好者です。ずいぶん前にStatsのTAをやった際に、SPSSとRの両方で練習するみたいな事をやりました。その時のメモの如きwebページがあるので、お暇があれば見てみてください。

  3. 永野先生,お久しぶりです!これは素晴しいサイトですね。参考にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.