複数の Mac での Mendeley ライブラリと Dropbox(pdf)の同期


 

ずっとやりたかったこと

Mendeley を使い始めて6年ぐらいになりますが,ずっとやりたかったけどできなかった,Mac 1 <—> Dropbox(論文 pdf ファイル) <—> Mac 2, 3… という同期。

同期イメージ

とにかく,どの Mac で開いても,同じ Mendeley ライブラリの情報(←これは当たり前にできる),そして Dropbox に保存している該当論文 pdf を開くことができるようにしたい(←これができなかった)。

英語でも日本語でも検索してみるとそういうニーズはあることがわかります。

「難しい設定は何もしなくても,Mendeley の File Organizer を同じDropboxのパスにして,設定も同じにしておけば勝手にできますよ」的な都市伝説もあったりするけど,なかなかそんな簡単にはいかないです。

本当に一番簡単な方法は,Mendeley の有料プラン web space を使うことです。毎月$4.99払えば5G まで,$9.99払えば10GB までは Web 版の Mendeley とすべての Mendeley Desktop で pdf の同期もできます(月$14.99だと無制限)。でも,私は Dropbox を有料プランにしているため,なんだかもったいない気がして,「どうにか Mendeley は無料のままでできないかな」と思いつつ,はや数年…

そして重たい腰をあげ試行錯誤の末,今日やっと同期できるようになったのでメモ。

基本的には,ここに書いてある方法で問題ありませんでした。

環境は,OS X El Capitan バージョン10.11.3,Mendeley Desktop バージョン1.16.1です。

#1 Dropbox の設定

Dropbox の中に,Mendeley というフォルダを作り,その中に db と pdf というフォルダを作ります。論文の pdf ファイルは pdf フォルダの中に入れておきます。

dropbox

 

#2 すべての Mac の Mendeley Desktop の設定

どの Mac の Mendeley でも,Mendeley Desktop > Preferences > File Organizer で,以下のように Dropbox の Mendeley というフォルダの中に論文 pdf ファイルを入れるフォルダを作ります。

mendeley

そして,どの Mac でも,/Users/<<Your User Name>>/Dropbox/Mendeley/pdf というパスになるように(<<Your User Name>>は自分のユーザー名が入る),”File Organizer” の設定をすべての Mac で同じにします。”Watched Folders” は(いらんことをするので特にうまく使えてない場合は)設定しないほうがよいと思います。

 

#3 母艦 Mac の設定

ターミナルを起動(アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル.app)し,以下を1行ずつ入力(コピペで OK)。”Application\ Support” の \ はメタ文字のエスケープで,半角スペースを示します。


cd ~/Library/Application\ Support
cp -r Mendeley\ Desktop/ ~/Dropbox/Mendeley/db/
mv Mendeley\ Desktop/ _backup_Mendeley_Desktop/
ln -s ~/Dropbox/Mendeley/db/Mendeley\ Desktop .
(←ピリオド含む)
[2016.12.23追記] この最後の行でシンボリックリンクを貼った後に,mkdirで空のフォルダを~/Dropbox/Mendeley/dbに置かないと,エラーになります。(初回の場合はそのフォルダがないため。)

それぞれの行でやっていることは以下です。

  1. Library の中の Application Support フォルダに移動。
  2. Library の中の Application Support フォルダにある,Mendeley Desktop の内容を,Dropbox の Mendeley フォルダの中に作成しておいた,db にコピー。
  3. backup_Mendeley_Desktop というフォルダを Library の Application Support の中に作り,Mendeley Desktop のバックアップファイルを作成(これで Mendeley Desktop はなくなる)。※ もし,Mendeley が開かなくなったりした場合は,Mendeley Desktop というフォルダを Library の中の Application Support に再度作成し,_backup_Mendeley_Desktop フォルダの中身をコピー(移動)すれば大丈夫。
  4. Library の Application Support の中に,Dropbox > Mendeley > db にある,Mendeley Desktop のエイリアス(alias)を作成する。

 

#4 その他の Mac の設定(2台以上でも可能)

ターミナルを起動(アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル.app)し,以下を1行ずつ入力(コピペで OK)。


cd ~/Library/Application\ Support
mv Mendeley\ Desktop/ _backup_Mendeley_Desktop/
ln -s ~/Dropbox/Mendeley/db/Mendeley\ Desktop .
(←ピリオド含む)

それぞれの行でやっていることは以下です。

  1. Library の中の Application Support フォルダに移動。
  2. backup_Mendeley_Desktop というフォルダを Library の Application Support の中に作り,Mendeley Desktop のバックアップファイルを作成(これで Mendeley Desktop はなくなる)。
  3. Library の Application Support の中に,Dropbox > Mendeley > db にある,Mendeley Desktop のエイリアス(alias)を作成する。

 

実は考え方はいたってシンプル

  • 母艦 Mac の Mendeley Desktop の内容を,Dropbox の db フォルダに移す。
  • 母艦 Mac のもともと Mendeley Desktop フォルダがあった場所には,Dropbox の db フォルダに移した Mendeley Desktop のエイリアスを置いておくことにより,母艦 Mac の Mendeley は常に Dropbox 内のデータベースを利用することになる。
  • その他の Mac でも,Mendeley のデータベースは,常に Dropbox を参照する設定にすることによって,すべての Mac でデータベースの同期を可能にしている。
  • 結局は,Dropbox にデータベースも pdf も両方置いている。

これによって,Mendeley > pdf フォルダに追加される論文ファイルは,必ずどの Mac でも見ることができるし,pdf に入れたハイライトや下線ももちろん共有されます。環境によって,pdf が添付されてたり,されていなかったりということがこれまでありましたが,これで,いちいちファイルを Dropbox の Mendeley フォルダで探す手間が省けるので,だいぶ快適になりました。

ただし,iOS では pdf は同期されないので,以下のように特定のフォルダを Mendeley のライブラリで作って,そのフォルダ内の pdf は同期するように設定するというような工夫が必要です。

customize

 

Mac 以外の場合

Windows でのやり方(はたぶんですが)はこちら

Android で Mendeleyと連携したい というものもありました。

異なる PC での同期はだいぶやっかいそうですね。

とりあえず,Mac なら問題なくできます。
春ですので Mac を買いましょう。

 

2 thoughts on “複数の Mac での Mendeley ライブラリと Dropbox(pdf)の同期

  1. ln -s ~/Dropbox/Mendeley/db/Mendeley\ Desktop . (←ピリオド含む)

    このシンボリックリンクを貼った後に,
    mkdirで空のフォルダを~/Dropbox/Mendeley/dbに置かないと,エラーになりました.

    初回の場合はそのフォルダがないようです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.