立命館大学言語教育情報研究科同窓会報への寄稿原稿

立命館大学言語教育情報研究科修了生の水本篤です。研究科の第一期生で、2003年から2005年まで在籍していました。現在は,関西大学外国語学部・外国語教育学研究科で教授をしています(http://mizumot.com/)。私の研究対象領域は、コーパスの教育利用、言語テスト、学習方略です。関西大学では学部、大学院の修士課程のゼミを担当し、博士課程の担当も2020年から始まります。新しい世代の研究者・実践者を育成することに携わることができるのが、現在の大きな喜びです。

振り返って考えてみると、現在の私の研究者としてのキャリアは、立命館大学言語教育情報研究科での学びがなければ、あり得なかったと思います。私が言語教育情報研究科に進学した理由は,言語テスト理論を清水裕子先生の元で学びたいと思ったからでした。元々、語彙の学習・指導に興味があったため、修士論文では語彙サイズテストの開発と妥当性検証を行いました。また、当時の研究科はコーパス研究で著名な先生方にご指導いただくことができたため、そのような恵まれた環境でなければ学ぶことができなかったであろう、多くのことを学ぶことができました。

このように、言語テスト理論だけではなく、コーパス研究の手法を学べたことが、自分の研究者としてのキャリアにおいて、重要なバックボーンとなりました。修士課程修了後は、博士課程を関西大学外国語教育学研究科で行うことになり、語彙学習方略の研究で博士論文を執筆し、博士号を取得しました。(ちなみに、言語教育情報研究科在籍時に私が唯一“B”を取ったコースが「学習方略」でした…)

私が院生だった当時の言語教育情報研究科は創設されたばかりで、手探りな感じもあり、同期の院生のみなさんとも助け合いながら学んでいこうという雰囲気がありました。同期の院生の多くの方が、経験豊富な中高の現職教員であったことも特徴的で、先生方から学ぶことが多かったことを覚えています。その中に若い院生のみなさんが混ざることにより、経験や年齢にかかわらず、少しでも多くの新しいことを学ぼうとする姿勢が全員から感じられ、非常に刺激的な学びの場でした。

当時のあのドキドキする感覚は、言語教育情報研究科を修了して10年以上経った今でも鮮烈に思い出すことができます。実は、ご縁があり、2019年の秋学期から、「応用言語学のための統計解析」というコースを言語教育情報研究科で教えることになりました。本務校の関西大学では、ゼミやその他の授業に加えて、学部執行部の入試主事を担当しており、非常に忙しい日々を送っているので(あと、住んでいる大阪市内から衣笠キャンパスはとても遠いので)、はじめにお話を頂いたときにはお断りしようと思ったのですが、自分が言語教育情報研究科の院生だったときの数々の良い思い出が後押しする形となり、お引き受けすることにしました。そんな経緯で、週に1回、有心館の2階の情報教室で、あのときの私やみなさんと同じように、新しいことを学ぶドキドキと喜びを持った言語教育情報研究科の院生を指導しています。

またみなさんとも同窓会などでお会いして、お話させていただくのを楽しみにしています。